■ 届け出チェックリスト
お引越に役立つチェックリストです。プリンターでコピーし、手元においてご利用下さい。
いつまでに 種類 届け先 手続きに必要なもの 備考 チェック
お引越が決まったら 住民異動届・転出届 現住所の区・市役所・町・村役場 役所にある所定届出用紙・届け人の印鑑・国民健康保険(加入している方のみ) 新住所が同区・市町村の場合は転入届のみ
印鑑登録 現住所の区・市役所・町・村役場 実印・所定届出用紙 前の印鑑証明書があれば新規登録に保証人がいらない場合がありますのでご注意を。
国民健康保険 現住所の区・市役所・町村役場 国民健康保険証・印鑑・転出証明書 資格喪失後も取得手続きをすればさかのぼって資格を得ることが出来ます。
6日前から前日まで 福祉関係(乳児医療・児童手当・老人医療・敬老年金) 現住所の区・市役所・町村役場 印鑑・転出証明書 新住所で資格取得の手続きをします。
転校届 転入先の学校長 現在通学中の学校長の成績証明書、在学証明書転入先の区・市町村の住民票 高校の場合はすぐ登校できない場合もあるので気を付けましょう。
ペット類(犬) 現住所の市町村・区役所 印鑑・廃犬届・旧鑑札・予防注射済書 新住所で再登録をし、新しい鑑札を受けます。(登録料300円程度)狂犬病の予防注射を済ませてから届け出ましょう。
水道料金の精算 現住所の管轄水道局・営業所 電話で連絡 引越前日までに済ませましょう。
ガスの精算 大阪ガス○○営業所(検針書参照) 電話で連絡 引越前日までに済ませましょう。
電気の精算 現住所の管轄郵便局 電話で連絡 引越前日までに済ませましょう。
郵便物の転送届け 現住所の管轄郵便局 郵便局所定による転居届(専用ハガキなど) 向こう1年間は転送されます。
電話の移転 新住所のNTT(116をダイヤル) 電話局所定による移転届・振込銀行変更の場合は変更届を 工事費は次の請求書に含まれます。
新聞配達の変更 所定営業所 電話で連絡(領収証記載の電話番号) 引越前日までに済ませましょう。
牛乳配達の変更 所定営業所 電話で連絡 引越前日までに済ませましょう。
お引越後
銀行通帳・郵便貯金・各保険の住所変更 各銀行・証券会社・郵便局・保険会社の窓口(銀行所定の郵送用住所変更手続きもあり) 印鑑・通帳・保険証券(ローン利用の場合、ご本人及び新住所の確認できる書類必要) 火災保険などは住居によって保険料に差が出ますのでご注意下さい。
住所転入届 新住所の区・市町村役場 役所にある所定用紙・印鑑(国民健康保険証・国民年金手帳・母子健康手帳) お引越後14日以内に提出しなければいけません。転出証明書は紛失しても再発行されません。
運転免許証の住所変更 所轄の警察署または安全協会 住民票・免許証・写真(他県よりの転入) 同一管内では住民票のみ必要。更新の1ヶ月前なら更新時でもかまいません。
自動車の登録変更 新住所の陸運事務所(区・市町村役所) 車庫証明・車体検査証・新住民票・実印・車 お引越後15日以内。同県内は手数料のみ、他県は自動車税の申告とナンバー変更(ナンバー代 780円)と用紙代。原付自転車の場合は、旧住所で廃車して中古新規の登録をします。
その他住所変更届 NHK・BS 0120-151515へ電話 お客様No.必要
CS ホームページより変更手続 お客様No.必要
ケーブルTV 電話で連絡 詳しくはHPにて
プロパイダー 各所定方法にて 詳しくはHPにて
各届出先のリンク集がこちらにあります。是非ご利用下さい。
|| トップ || 作業内容 || お見積り || サービス || 料金表 || 
|| 引越のいろは || リンク || Q&A || 会社案内 ||