サン引越サービスのホームページです

お引越しに関するよくあるご質問と回答をご紹介!

 
 ■ 質問内容 ■

 ■ ダンボールが欲しいのですが。
 ■ 冷蔵庫は引越当日までに霜取りしなければいけないの?
 ■ ペットもいっしょに運んで欲しい。
 ■ 輸送中の消毒・殺虫処理ってできるのですか?
 ■ 引越作業中、事故や家具などにキズが入った場合の処置は?
 ■ 見積りって訪問でしかしていただけないの?
 ■ カードでの支払いはできるの?
 ■ キャンセル料について詳しく知りたい。
 ■ 引越先までトラックに乗せてもらえないか?
 ■ タンスの中身は全部出さなくちゃいけないの?
 ■ 引越日は「大安」がいいとよく聞くのですが?
 ■ 引越当日、雨が降ったらどうしたらいいのでしょう。
 ■ 人形ケースはどうやって荷造りしたらいいのか?


 
 ■ 回 答 ■

 ■ ダンボールが欲しいのですが。
部屋数、お荷物の量によりダンボールをサービスさせていただきます。基本的に追加分に関しては料金をいただいております。Sは200円、Mは300円、着物用は400円でお渡ししています。 また、お引越後の空のダンボールはご連絡いただければ引取りに伺います。
このページのトップへ
 ■ 冷蔵庫は引越当日までに霜取りしなければいけないの?
近距離のお引越に関しては電源コードは抜かずにそのままで。(ただし中の食品は全て使いきっていただくか、別にまとめておいてください)暑い夏場は現住所を出発するまで冷たい飲み物などを冷やしておく事ができます。基本的に冷蔵庫は最後に搬出して最初に搬入いたしますのでご安心下さい。ただ、長距離便の場合は前日までに電源コードを抜いて中はからっぽにしていただく様お願いいたします。
 ■ ペットもいっしょに運んで欲しい。
残念ながら、生き物をトラックに乗せることは出来ません。まだあまり普及はしておりませんがペットハイヤーなどの業者に頼むか、お客様自身で運んでいただくほかありません。ペットハイヤーに関してはお近くのペットショップやペットホテルなどに一度聞いてみてはいかがでしょうか。
 ■ 輸送中の消毒・殺虫処理ってできるのですか?
あいにく、只今このようなサービスはしておりません。閉鎖されたトラックコンテナの中で殺虫処理を施しても逆に害虫類は外に出られず中に逃げ込む習性がありますので、タンスの衣類の中などに入り込んでしまいます。あまりお勧めできませんので当社ではお断りさせていただいております。
このページのトップへ
 ■ 引越作業中、事故や家具などにキズが入った場合の処置は?
万が一物件やお荷物にキズが付いても、自動加入の保険で1,000万円まで保証されます。お客様に気持ちよく新居でのスタートができるように、細心をはらってお荷物をお運びするよう心掛けております。
 ■ 見積りって訪問でしかしていただけないの?
単身の方のお引越に関しては、お電話又はメールにてお問い合わせいただければおおよその料金をお出しし、お荷物の量が大幅に変わらないかぎりその料金でのお引越をさせていただいております。ただ、基本的にはお荷物の量は部屋数も含め個人差がありますので訪問でのお見積りをお願いしております。ご理解のほど宜しくお願いいたします。
 ■ カードでの支払いはできるの?
基本的に作業終了時での現金払いでお願いしております。カード、お振込み等でのお取引はお断りしております。
このページのトップへ
 ■ キャンセル料について詳しく知りたい。
ご契約後、お客様の事情で解約になりますと規定によりキャンセル料をいただきます。お引越日の前日に解約の場合、当見積り記載金額の10%、当日キャンセルの場合同20%(但し車両がすでに当社の基地を出発した後は解約不可能のため全額申し受けます)となっております。ご変更などが出た場合、なるべく早くのご連絡をお願い申し上げます。
 ■ 引越先までトラックに乗せてもらえないか?
ペットのところでもご説明いたしましたが、お断りさせていただいております。貨物運送の条例にはお客様をお乗せする事がもともと出来ないものとなっております。万が一、お乗せして事故にあった場合当社が処分を受ける対象となってしまい、お客様への保証もお約束できません。ご理解のほど宜しくお願いいたします。
 ■ タンスの中身は全部出さなくちゃいけないの?
エレベーターでの作業の場合は、引出しの中の衣類にかぎりそのままで結構です。ハンガーに吊っているお洋服は当日お持ちするハンガーボックスにそのままの状態で入れることができます。また、引出しの中の小物類、書籍類はダンボールに移し変えていただく様お願いいたします。その他荷造りについてのわからないことがありましたらお気軽にご連絡下さい。
このページのトップへ
 ■ 引越日は「大安」の日がいいとよく聞くのですが?
確かにお引越はできれば「大安」に行いたいものです。しかしながらこの日は込み合いますのであまりお勧めしておりません。どうしても「大安」にお引越の出来ない方に昔から行われている方法をお教えします。引越日と別に、「入居の日」と決めたい日に新居に”梅干”を入れることで、「引越した」ということになるそうです。(おまじないのようなものですが、それでもご心配な方に)
 ■ 引越当日、雨が降ったらどうしたらいいのでしょう。
異常気象、大雪に関してはそのかぎりではありませんが、基本的に雨の日でもお引越しの作業をいたします。お荷物をなるべく濡らさないように手当てをして運び出します。また、当日のキャンセルはキャンセル料をいただく事になりますのでお気をつけ下さい。
 ■ 人形ケースはどうやって荷造りしたらいいのか?
新聞紙をそのまま入れてしまっては人形に印刷の汚れが付いてしまいます。丸めた新聞紙をゴミ袋に入れてクッションにしてみましょう。お人形はケースに入れたまま、間にクッションをあてがいます。
このページのトップへ
その他お気づきの点、わからない事などございましたら
お気軽にお電話かメールにてご連絡下さいませ。

やさしくていねいにお答えいたします。
MAIL BACK HOME